経編ニット、ラッセルとは

まず繊維生地には大きく織物と編物(ニット)、そして不織布があります。

織物は基本的に縦糸と横糸が直角に交差して組織を形成し、編物は連続した輪っかのようなループによって組織を形成します。

基本的に織物は、縦横方向に伸縮性があまりなく、通気性が低くシワになりやすいです。

対して編物は一般的に織物に比べて縦横に伸縮性があり、柔らかくシワになりづらい生地をつくることができます。

また編物(ニット)は経編(タテアミ)と緯編(ヨコアミ)に分類されます。

編物には編んでいく方向に対して、縦方向に糸を進めて連続したループを作っていく経編(タテアミ)と、横方向の場合の緯編(ヨコアミ)とに分かられます。また緯編の分類のなかに、筒状に編んでいく丸編もあります。

そして経編の中にもトリコット編みとラッセル編みに分類されます。ラッセルは一般的にトリコットと比較するとゲージが粗く、筬(おさ)の枚数が多いため厚地の生地を作ることが可能です。

投稿日:

Copyright© 経編メーカーのテクノワープ株式会社 , 2020 All Rights Reserved.